ジョン・レノンゆかりの地をめぐる軽井沢の旅

ジョン・レノンは1977年から1979年まで毎年夏に軽井沢に訪れていました。そんなジョン・レノンの足跡を追いながら軽井沢をまわってみたいと思っていました。遅ればせながら今年2016年5月に軽井沢に行くことができました。

離山房について調べたこと


帰ってきてから、離山房についていろいろ調べています。


元オーナー(槙野あさ子さん)さんのご主人が朝日新聞のカメラマンで、

ご主人の後輩がニューヨーク支局にいた時にヨーコさんに

先輩が軽井沢にお店を出したので寄ってください。と言ったことがあり、

それを覚えていたヨーコさんがお店に来られたとのこと。


youtubeで槙野あさ子さんのインタビューを聞きました。


ジョンはいつも東屋にいてお店に入ってくるときはお手洗いを借りる時だけで、その時にアルバイトの男の子たちがいたずらしてビートルズを流していたと。

「よしなさい」と言ってもやめなくて、

ジョンはビートルズのBGMに気がつくと、「いやだなぁ」みたいな、はにかむ様な顔をしていてそれが見たいと、3,4回はビートルズを流したことを話されていて興味深かったです。


確かに私も気持ちわかるなぁ~

ビートルズ流して、その時のジョンの顔見てみたい気がする。


お客さんに写真とサインを禁止していたので、写真は撮らなかったらしいのですが

1979年にやっと撮らせてもらったとのことで店内に飾られているのは1979年のジョンなんですね。

もちろん、元朝日新聞カメラマンのご主人が撮影。


それから、元オーナーさんとご主人で花の本を数冊出されていることも知りました。

私もアマゾンでこの本を注文しました。

今、楽しみに待っています。

草花大好きなので楽しみです。


それから、ショーン君の背を測った木はカラマツの木であること。

台風で倒れた木はあったがこの木は残ったこと。

カラマツは樹高20-40 mになる落葉針葉樹。


元々は夏の間だけ営業していたらしいのですがファンの方がよく来られるので春から秋まで営業するようになったこと。

東屋を残してくださって、ジョンの写真と同じ椅子を三脚並べてくださっているのもファンのためだろうし。


そして、ビートルズグッズもビートルズBGMもファンのためなんですね。

また、行きたいです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。